スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酵素と肌の関係

特に酸化した食品を摂り続けてしまうと肌がどんどん衰えてしまいます。酸化した食品にも様々なものがありますが、多くは甘いものになります。こ
の酸化した食品は脂質となって、活性酸素を体内で増やしてしまう原因になってしまうのです。活性酸素の元となるのは白砂糖やこの白砂糖を使ったスイーツなども入ります。またそれ以外にもタバコや油があります。

とくにこの中では白砂糖がシミやしわを増やす原因となります。この白砂糖を分解するには大量の酵素を必要とします。そのため酵素が足りなかった場合は、そのままの状態で胃や腸に溜まってしまいます。
またそれだけでなく悪玉菌やウィルスのえさになってしまうので、どんどん増えていってしまうのです。こういった悪玉菌やウィルスが活発に働いてしまうと、どんどん皮膚の細胞を壊してしまい結果的にシミやしわになる原因になってしまいます。
ですから白砂糖などが含まれた食物を控えて酵素を大量に摂るようになると、どんどん肌が若返っていくことになります。
スポンサーサイト

発酵食品のパワー

酵素や栄養素が含まれている食材があります。それが発酵食品です。
発酵食品というのは日本食に限らず外国でも何らかの形で生き残っている食品です。発酵食品にも様々なものがあるので、一つずつ説明していきたいと思います。まずは味噌です。

味噌は日本独特の発酵食品の一つです。味噌は大豆を講じ菌で発酵させているのですが、味噌はとても優れた食品です。昔から日本人はみそ汁を食べる習慣がありますが、この味噌のお陰で不足しがちな酵素を取り入れることができているのです。

普通はタンパク質は体内に入らないとアミノ酸に変わることはないのですが、味噌は発酵の過程でアミノ酸に変えているのです。そのためお味噌を食べると酵素を無駄に使うことはありませんし、栄養を効率よく吸収することができます。

あまり過熱をしてはいけません。ですからみそ汁を作る時には、鍋の火を止めてから味噌を入れた方がいいです。宮崎には味噌を使った料理として冷や汁がありますが、冷や汁は一回も過熱しないので生きた酵素をたっぷりと取り込むことができます。

ゴマの酵素の凄いとこver.2

ゴマは昔は僧侶の方々には欠かせない食材でした。僧侶の方々は肉や魚を食べることを禁じられています。しかしそういった食生活ではタンパク質を取れないので、エネルギーを作り出すことができません。
そのためゴマを上手に活用することによって、エネルギーを作ったと言われています。それぐらい重要な働きをするゴマですが、もう一つ非常に役立つ効果があります。

それは抗酸化酵素を作るということです。私たちの身体の中には肝臓という臓器があります。肝臓はアルコールのことや病気のことなどで、名前を聞くことが多い臓器です。その肝臓ではエネルギーを作りだして供給したり、身体を構成する成分を作りだすという大事な働きがあります。

またこれと同じぐらい大事な働きとして解毒する働きがあります。このように肝臓は私たちの身体にはなくてはならない臓器なのですが、これらの働きを行うために体内にあるほとんどの酵素を消費すると言われています。

肝臓にはこのような理由から活性酵素ができやすい臓器とも言えますが、活性酵素が増え過ぎるとその分ダメージがあります。そのため抗酸化酵素という、活性酵素を押さえる働きを持つ物質が重要になってきます。この抗酸化酵素を作るために必要なのがゴマなのです。

1日にスプーンに1杯分ぐらいのゴマを、取り続けることが健康を保つ秘訣です。

酵素が凄すぎて思わずゴマすり

酵素ダイエットに欠かせない食品を紹介してきましたが、これからは少し違った食物を紹介していきます。現代の私達が食べることができる食材というのは、とても種類が多いです。

もちろん国ごとにも違ったりするのですが、日本だけで考えた時でも数え切れないほどの食品があります。しかしこれらの食品には栄養があるということが昔から認められていて、ずっと変わらず食べ続けられている食品があります。

その中の一つがゴマです。ゴマは一粒はとても小さいですが、その中にはとても多くの栄養素が詰まっています。ゴマは古代の時代から食べられてきていますが、昔も今も栄養の一つとして食されています。では実際ゴマにはどのような栄養素が含まれているのでしょうか。

まずはビタミンやミネラルが多く含まれているということが特徴です。しかしビタミンやミネラルという栄養素は他の食品でも豊富に含まれている栄養素です。しかしゴマには独特の栄養素があります。それがセサミンです。セサミンというのはポリフェノールの一種で、非常に強い抗酸化作用を持っています。
そのため体力をつけるためには非常に効果を発揮します。ゴマにはエネルギー源としての役割もありますが、それ以外に炎症や病気を治すという効果があります。そのためゴマを使った料理はとても多いのです。

またゴマにも酵素はたくさん含まれていますが、炒ってしまうと酵素は壊れて効果を出さなくなってしまいます。ですから生で食べようと思う場合にはごまあえなどにして、作ったらすぐに食べきってしまうようにすると酵素が働いてくれます。

酵素といろいろな果物

あまりなじみのない果物も紹介していきます。果物の場合はたとえ食べたことがなかったとしても、大概の果物はジュースにして飲むことができます。そのため果物は常に新鮮なものを用意しておきましょう。

まず紹介するのはパイナップルです。パイナップルは決して珍しい果物ではありませんが、そのまま一個を買ってきて食べるというのは稀です。ほとんどの方が缶詰や冷凍のものを食べる機会の方が多いのではないでしょうか。
缶詰や冷凍のものというのはもちろん長持ちはしますが、ほとんど酵素は残っていません。

ですから酵素を意識して食べようと思う場合には、できるだけ新鮮で生のものを用意することが大事です。パイナップルの酵素といえばブロメリンという、たんぱく質を分解する酵素が豊富に含まれています。このブロメリンという酵素は消化をしにくい肉類のタンパク質を、スムーズに消化してくれます。

酢豚にはパイナップルが入っているのは消化を助ける働きがあるからです。その他にもクエン酸やビタミン、カロテンなど重要な栄養素がたくさん入っているので、食べるだけで健康になれる果物です。

次に紹介するのはパパイヤです。パパイヤというとなじみが薄い方多いと思いますが、パイナップルと同様にタンパク質を分解する働きがある酵素が豊富に含まれています。この酵素の働きは強力で、体内の異物さえも分解する働きがあります。完熟した黄色いものと熟しきれていない青の 2種類がありますが、青いパパイヤの方が酵素がたくさん含まれています。

青いパパイヤは果物というよりも野菜に近いので、サラダなどに加えて食べると他の野菜と一緒に食べることができます。
プロフィール

Author:PLEASURE1212
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。